智頭町産麻炭

智頭町産麻炭の特長

【1】 無農薬・無化学肥料の自然栽培
麻は5月に種をまき、太陽の光と恵みの雨と微生物の力で大きくなっていきます。
2~3mに育った麻は、夏に花が咲いて実をつけ10月末に刈取りします。
麻炭の原料は夏に間引きした雄株と秋に刈取りした雌株の茎の両方を使っています。

【2】 国内最高の超微粒子パウダー化を実現
現在流通している麻炭の半分以下の粉体粒度(平均19μm)によって、より大きな吸着・消臭力が期待できます。

【3】 抗菌性・消臭性・遠赤外線の効果を確認
各試験機関のご協力によって麻炭は、殺菌活性値3.1以上、静菌活性値5.9以上の抗菌性を示し、アンモニアを54%、酢酸やノネナール(加齢臭の原因物質)を99%消臭することができ、麻炭を0.1㎜の厚さに塗布した布は、未加工な布と比べて+0.6℃の蓄熱保温性をもつことが明らかになりました。

注:配送方法は、レターパックおよびゆうパックのどちらかを選択できます。レターパック1袋分には、麻炭(10g)が6個分まで入ります。商品の組み合わせでは、麻の実6個分+麻炭(10g)3個分まで入ります。これより多くの個数を購入する場合は、配送方法でゆうパックをお選びください。

注:本商品は、微粒子状に加工した麻炭です。


※こちらの価格には消費税が含まれています。
※送料込みの金額です。

¥ 830

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する